言葉では気持ちを正確に伝えられない


The Great Kanto Earthquake left much of Tokyo totally destroyed.

「関東大震災の話ね。え~と、関東地方を襲った大地震のせいで東京の大部分が壊滅したって感じかしら。」

「そうそう。うまいですね!」

「このくらいは訳せなくちゃね。」

「それでは、この文を書いた人はなぜ次のような文にしなかったんでしょうか。」

Much of Tokyo was totally destroyed by the Great Kanto Eathquake.

「訳すと… 東京の大部分は関東大地震によって完全に破壊された… 」

「そのとおりです。さっきの文とどこが違うと思いますか?」

「そうねぇ…さっきの文との違いって言えば、主語が変わったってことかしら。」

「確かにそうです。それがわかればそこからとても大きな違いが見えてきます。」

「ええ?どんな?」

「注目すべき点は次の2つです。
最初の文は、主語が The Great Kanto Earthquake となっていて 能動態 の文だったという点。
もう一つは、2つ目の文の主語は Much of Tokyo となっていて 受動態 の文だったという点。」

「うん、そうよね…。でもそこからどんなことがわかるの?」

「最初の文では、放置したまま立ち去る という意味の leave を使いました。」

「うん。」

「放置したまま立ち去る っていう行動は、そうしようと思って初めてできる行動ですね。」

「ええ…」

「地震にそのように考えて行動するなんてことがあるでしょうか?」

「それはむりよね、自然現象なんだから。すると地震が主語って変ね…」

「そう。つまり、元々人間を主語にして使う動詞の leave をわざと自然現象の関東大地震に使った。
これは、関東大地震を人にみたてたんですね。自分の意志でやって来て、東京を破壊して去っていったひどい奴として表現したかった。
あの関東大地震め、東京の大部分を完全に破壊したまま知らんぷりして行っちめいやがった。なんてひでぇ野郎だ!といったところでしょうか。関東大地震に対する怒りの気持ちを強く持ってることがわかります。」

「そうなのね~。じゃあ2つ目の文は?」

「主語が Much of Tokyo でしたね。ということは、被害の規模の大きさに着目していることがわかります。
さらに、この文で使われている受動態は ~される という意味で、自分から起こす行動ではなく他者から影響を受けることを表します。
従ってこの文を書いている人は、
大都会東京のほとんどの地域が関東大地震で完全に破壊されちまった。何てこった。こんなに破壊された東京はこの後どうなっちまうんだろう。
といった気持ちを持っていて、東京の被害が大きかったことをとても心配していることがわかります。」

「なるほどね~そんなことまでわかるんだ~!」

「主語と態に着目すると、筆者の気持ちをかなり深くまで読み取ることができますね。」

「なんだか面白そうね、ちゃまんちん!英文を見れば書いた人の気持ちがわかるなんて素敵じゃない!」

HOME